日本航空の客室乗務員の女性が、妊娠を理由に無給休職を命じられ、マタハラを受けたとして、日本航空を訴えていた裁判で、28日、勝利和解が成立しました。

日本航空は今年より希望者全員が産前地上勤務に付けるように制度を変更、今回のケースが「誰もが安心して妊娠・出産し、働き続けられる」一歩につながることを願っています。

神野知子さんご本人より、後日コメントをいただく予定です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00010004-bfj-soci