問題解決までの流れ

マタハラには個人だけではなく経営者や人事担当者が結託して加害行為を行う事例が多くあります。また被害者が問題解決後も同じ職場での勤務を望む場合には所属組織内でのハラスメント防止窓口を利用する方法もあります。被害の状況や求めたい被害の回復方法などに応じて適切な仲裁制度・機関を活用しましょう。

flow

民事訴訟について

flow(2) 日本労働弁護団ではマタハラなどの労働問題について無料で相談のできる電話相談窓口を用意しています。実際に訴訟の準備を始める前に自分の受けたマタハラの違法性やその他の法的解決手段について相談することができます。またマタハラNetが定期的に開催する懇親会(おしゃべりcafe)では裁判を経験された被害者や法律家とお話しすることができます。こちらもぜひ気軽にご参加ください。

日本労働弁護団ホットライン
女性弁護士による働く女性のためのホットライン





PAGETOP
Copyright © マタハラNet All Rights Reserved.