相談活動報告書

マタハラNetでは、埼玉学園大学の杉浦浩美准教授のご協力を得て、「マタニティ・ハラスメント相談活動報告書」をまとめました。

この報告書では、団体設立から2017年12月までの3年半に受けたご相談を対象に詳細な事例分析を行っています。また、団体の成り立ちや相談活動の意義と課題、相談担当者による座談会も収録しています。

報告書を引用、転載される際は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。内容によっては、ご説明のためのご連絡を差し上げる場合があります。

マタニティ・ハラスメント相談活動報告書 〜マタハラNet 3年半の支援活動と事例分析〜